読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これまでのカメラ

お題「カメラ」

 お題スロットでテーマを決めているのに、丸かぶりしてしまった…。しかたないので今日はこれまで使ったカメラについて振り返ってみたい。

最初に自分で買ったカメラはキャノンのコンデジだったと思う。そこそこ撮れたところで、仕事で使えた方がいいからと上司のお下がりでオリンパスの一眼レフ「E-300」を譲ってもらった。800万画素、センサーはフォーサーズ、ファインダーも暗いし、液晶も小さくてお弁当箱みたいな角ばったやつだった。でも青空はとてもきれいな色がでる写真を撮るのが楽しくなるカメラだった。

オリンパスのレンズがあんまりにも中古市場に選択肢が当時はなく、やはり大手がよいだろうとキャノン EOS Kiss X2をダブルズームキットで買った。その時は望遠レンズが全然使いこなせなくてすぐに手放してしまったっけ。今でも散歩がてらに江ノ島に写真を撮りに行って、周りにいる年配のカメラもったおじいさんがでっかいボディと三脚抱えて移動しているのが羨ましかったことを覚えている。扱いにもそこそこ慣れてきて、ある程度仕事でも使うようになったので本格的に撮れるEOS 50Dに買い替えた。会社にいたカメラマン(本職)の人もキャノンだったので、受け取ったデータや撮影の現場を見て勉強した。この時隣の部署にヘルプで頼まれた某ライブの撮影で完全にカメラにハマってしまったのだった…。

当時新発売のEOS 7Dに乗り換え、知人の結婚式があるからと奮発してEOS 5Dmk2も買った。結局風邪引いて熱出してちゃんと撮れなかったのが今でも心残りである(その撮影はもちろんプロの人がいるのでもっぱら婿さん側の知人中心に撮ってた)。この5Dmk2が不調になり買い替えたところこいつが初期不良。即返金で思い切ってニコンの当時フラグシップだったD3と同じセンサーを積んでいるということでD700、どうしても一度フラグシップが使ってみたくてD3Sにも手を出してしまった。しばらく使って当時頭一つ飛び出た3630万画素が売りのD800へ。その時のマシンだと現像がしんどかったなぁ…。

ここで仕事を辞めることになり一度全部手放した。正直このときはこの先どうなることかと思ったけど、結局またクリエイティブ系の仕事に就くことができた。ちょっと余裕ができて写真は撮りたかったのでキャノンのEOS 6Dを買う。ただ、一度5D系を使っていたので操作系が不便に感じられEOS 5D mk3に買い換え。数年使ったところでやっと撮りたいように撮れる感じになってきた。昨年撮影中に時々エラーがでるようになり、動くうちに下取りに出して今のEOS 5D mk4に至る。

改めて振り返ると節操がないように見えるが致し方ない。すべてはあのライブ撮影から始まったのだ…(責任転嫁)